2012年5月25日金曜日

チャンネル登録者数の計測方法・動画の再生回数の変更について


YouTube では、つねにコミュニティ全体のユーザー エクスペリエンス向上のための変更を行なっています。例えば、関連性の高い動画をおすすめする機能は、過去 7 年間で 100 回以上もの変更を行なっています。同じように、パートナーの皆様向けにも、より簡単に利用いただくための変更を行なっています。このような変更の一つとして、視聴者に関する情報をより正確に表示するための変更を最近行いました。しかし、クリエイターによっては、数値が大きく変更し驚かれた方もいらしたようです。そこで、今回 YouTube でどのような変更が行われたか、皆様にとってどのような利点があるのかをご説明しましょう。

チャンネル登録者数の計測方法:
YouTube には、削除されたり、無効になって、ここ数年にわたって機能していない、また誰も利用していないアカウントがありました。そこでこの数ヶ月にわたって、これらのアカウントを取り除く作業を行なってきました。この変更は、皆様のチャンネルにエンゲージされている視聴者をきちんと把握するために行われます。クリエイターによってはチャンネル登録者数が減少する可能性もありますが、これは使われていないアカウントを取り除いているだけであり、実際の視聴者数には影響がありません。正確な情報を把握出来ることで、クリエイターには長期的にプラスになることでしょう。

5 27 日(日)以降、YouTube アナリティクスではより一貫性のあるチャンネル登録者数や、除外されたアカウントの情報をご覧いただけるようになります。


また、視聴者によっては、登録しているチャンネルから解除された、と心配されているかもしれませんが、そのようなことはありません。登録しているチャンネルについての情報は、YouTube のトップページで、登録チャンネルの表示を設定するドロップダウン メニューから「すべて」を選択することで見ることが出来ます。


動画の再生回数に関する変更:
3 にお知らせしたように、YouTube では関連動画とおすすめ動画のシステムを「動画をクリックする回数」よりも「その動画を見るために視聴者が費やす時間」に焦点をあてたものに変更しました。動画を次から次へと切り替えることは実際にその動画を見ているわけではなく、エンゲージメントを的確に反映する再生回数がより有益であるということから、この変更を行いました。これは皆様にとってどのようなことを意味するのでしょうか?視聴者が皆様の動画をクリックしたけれどもその動画を見続けないのであれば、皆様の動画が関連動画やおすすめ動画に頻繁に表示されるようなことはなくなり、新しい視聴者による再生回数の増加は見られなくなるでしょう。これを改善する最も良い方法は、人々を惹きつける素晴らしい動画を作成することです。YouTube アナリティクスの視聴者維持率レポート視聴時間最適化のヒントをご覧いただき、どのようにして、皆様の動画に視聴者を惹きつければよいかというヒントをぜひご確認ください。

システムの移行は大変な作業ですが、これらの変更によって生じた結果はとても良い方向に向かっているというデータが出ています。1 月以降、日々のチャンネル登録者数は 50 %アップし、視聴時間は過去 2 ヶ月間増加しています。YouTube ではこの成長に投資し、さらに来年にかけては約 2 億ドルを費やしてパートナーの皆様のコンテンツをプロモートしていきます。YouTube は、世界中で最も情熱的で才能がある、多様なクリエイターによって成り立っています。皆様が成功するのに必要なツールと情報を提供する、というミッションのもと、YouTube はサービスを提供していきます。

YouTube チーム

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。